a0002_007403

汗と足の臭い

汗はたくさんかくと、足の臭いの原因になることがあります。
と言うのも、足の臭いと汗は深い関係があるからです。

実は、汗は臭いの原因になるものです。
足の裏は、1日にコップ1杯分ほどの量の汗をかきます。

この足の裏から分泌された汗に雑菌が繁殖すると、足の臭いになるのです。
汗をたくさんかいたときに足が臭うことがあるのは、こうした理由からです。

多汗症の人は汗をたくさんかくため、足の臭いが気になることがあります。

では、多汗症の人というのは、どのような人なのでしょうか?
多汗症の人は、異常だと感じるほど汗をたくさんかきます。

ですから、汗の量が異常だと感じるほどの量の場合、多汗症の可能性が考えられます。

多汗症ってなに?

多汗症は、文字を見てわかるように、たくさん汗をかくという症状が出るものです。
汗には体温を調節するという働きがありますが、多汗症の場合は、体温調節という働きを超えた量の汗をかいてしまいます。

多汗症の原因はほとんどの場合、緊張や不安など精神的なものです。

汗をかく場所は、人によって違います。
足に汗を大量にかく人もいれば、手に汗を大量にかく人もいます。

この他にも、ワキや背中など汗をかく場所はさまざまです。

多汗症の種類

多汗症は汗をかく場所によって、いくつかの種類に分けることが出来ます。
足の臭いに関係のある多汗症は、「足蹠多汗症」です。

足蹠多汗症になると、足の裏に大量の汗をかきます。
足の裏は汗腺が集中している場所なので、もともとたくさん汗をかく場所なのですが、
足蹠多汗症になると靴下がすぐに濡れてしまったり、足跡が床についてしまうぐらい汗をかきます。

たくさん汗をかくため、足の臭いが強くなることがあります。
汗で靴が湿って、靴の臭いが強くなる場合もあります。

「全身性多汗症」も、足の臭いの原因になることがあります。
全身性多汗症は、多汗部分が全身にあるものです。

足だけ多汗というわけではなく、背中やおしり、腹部など広い範囲に多汗箇所があります。
全身性多汗症は病気が原因になっている場合がありますから、注意が必要です。

この他には、手のひらにたくさん汗をかく「手掌多汗症」、顔にたくさん汗をかく「顔面多汗症」などがあります。

多汗症と足の臭い対策

精神的なものが原因で多汗症になっている場合、ストレスを解消することが多汗症と足の臭い対策になります。
これは、ストレスによって多汗症の症状が現れて、汗をかいてしまうからです。

「ストレスを溜めない」「ストレスを解消する」ことを心がけるようにしましょう。