a0001_006352

足の臭いの原因は足にある

靴を脱いだときに気になるのは、足の臭いです。
自分の足から、嫌な臭いがしていたら気になるものです。
他人がその臭いに気づいたらと思うと、気持ちが落ち着かないはずです。

そんな足の嫌な臭いの原因は、どこにあると思いますか?
答えは、「足」です。

足の臭いですから、原因は足にあることがほとんどです。
靴が臭っているということもありますが、その靴を臭わせている原因は足ということが多いのです。

足の臭いの原因になっているものには、「汗」「雑菌」「角質」などがあります。
汗は、分泌されたときには臭いがありません。

しかし、雑菌が繁殖すると嫌な臭いになります。
そして、雑菌は、角質を餌にして増えます。
雑菌が繁殖して増えれば、汗と混じりやすくなりますから、足の臭いの原因になってしまいます。

こうしたことからわかることは、足の臭い予防には足のケアが重要だということです。
足ケアをして雑菌の繁殖を抑えれば、足の臭いを予防出来るというわけです。

角質ケアで足の臭いを予防する

足の角質は、汗と混じって嫌な臭いを作り出す雑菌の餌になるものです。
臭い予防には雑菌の繁殖を抑える必要がありますから、
雑菌の餌になる足の角質を落とすことは効果的な臭い予防法になります。

角質を落とす際のポイントは、「角質をふやかす」ことです。
お風呂に入ったり、足湯をして角質をふやかしてから、角質を落としてください。

角質をふやかしたあとに角質軟化剤を塗ると、角質が落としやすくなります。

角質を落とすアイテムと言えば軽石ですが、軽石は必要以上に角質を落としてしまいます。
角質を落としすぎると傷になってしまうことがありますから、軽石ではなく、フットブラシのようなものを使いましょう。

角質を落とした後は、石けんで落とした角質を洗い流します。
仕上げにクリームを塗ると、足がツルツルになります。

足の臭い予防に足湯で足ケア

足湯も、雑菌の繁殖を抑える方法として効果的なものです。
出かける前に足湯をすれば、雑菌が繁殖しにくくなるので足の臭い予防になります。

足湯のポイントは、「酢」を入れることです。
酢には殺菌作用があるため、雑菌の繁殖を抑えてくれます。

まず、洗面器かバケツに40度のお湯を入れます。
その中に、酢をコップ1杯程度入れましょう。
準備はこれで終わりです。
あとは、酢を入れたお湯に足を5~10分ほどつけるだけです。

雑菌の繁殖を抑えるためには、足を清潔にしておくことも必要です。
足湯だけではなく、お風呂に入って足を綺麗に洗うことも足の臭い予防に繋がります。