a0002_010885

足を臭わせているものは?

出先で靴を脱いで「臭い!」と思ったら、自分の足だった。
こんな経験はありませんか?

普段は気にならなくても、ふとしたときに気になることがあるものが足の臭いです。
一体、なにが足を臭わせているのでしょうか?

足を臭わせているものの正体は、「汗」と「雑菌」です。
足は、汗と雑菌が混じり合うことで臭います。

この2つに、汗をかきやすくなる要素が加わったり、雑菌が繁殖しやすくなる要素が加わると、
臭いが強くなったり、気になるようになります。

汗に臭いはあるの?

足を臭わせる原因でもある汗は、どのような臭いがするのでしょうか?
実は、足の裏がかく汗には臭いがありません。

足の裏にある汗腺はエクリン腺という汗腺で、この汗腺から分泌される汗は99%が水分です。
成分の大部分が水なので、臭いがないのです。

臭いがないはずの汗が臭うのは、雑菌が原因です。
汗に雑菌が繁殖すると、臭いのなかった汗が臭うようになります。

ですから、雑菌が繁殖しやすい環境にしていると臭ってしまいます。
蒸れて高温多湿になった状態や、不潔な状態を雑菌は好みますから、
このような状態のままにしておくと、足が臭うことになります。

分泌されたときは臭いがない汗だと言っても、汗をたくさんかいて雑菌と混じれば足の臭いになりますから、汗をかきやすい生活も足の臭いの原因になります。
汗は、食事やストレスによってかきやすくなるので、食事やストレスが足の臭いの一因になっていることもあります。

清潔にして足の臭い対策

汗を臭わせてしまう雑菌の繁殖を抑えることは、足の臭い対策になります。
では、どのようにして雑菌の繁殖を抑えれば良いのでしょうか?

雑菌の繁殖を抑えるために大切なことは、清潔にすることです。
雑菌は、不衛生な状態を好みます。
足を清潔にして、雑菌の繁殖を抑えましょう。

足を清潔にする際に役立つものは、「お風呂」です。
毎日お風呂に入って、足を綺麗に洗ってください。

足はさっと洗って終わりという人が多いですが、体と同じように綺麗に洗いましょう。
足の裏、指の間など、洗い残しがないようにします。
爪も雑菌が繁殖しやすいですから、爪の間の汚れも洗い流してください。

ミョウバンで汗を抑える

足の汗を抑えることも、臭い対策になります。
制汗作用のあるミョウバンでミョウバン水を作って、汗を抑えましょう。

1.5リットルのペットボトルに市販のミョウバンを30グラム入れ、その中に水を入れてよく混ぜるだけで、ミョウバン水が出来ます。
このミョウバン水を約20倍に水で薄めて、足にスプレーすれば足の臭いを抑えることが出来ます。