a1180_009506

ストレスと臭いの関係

世の中のほとんどの人が感じているもの。
それがストレスです。
仕事や家庭、人間関係など、ストレスの原因になるものは、考えている以上にあるものです。
些細なことだと思っていても、それが大きなストレスになってしまうこともあります。

このストレスが足のにおいの原因になると言ったら、信じられるでしょうか?
信じられないという人もいるかもしれませんが、ストレスが溜まった結果、それが足のにおいの原因になってしまうことがあるのです。

ストレスが臭いの原因になる理由

ストレスが臭いの原因になる理由は、「汗」です。
足の裏は、エクリン腺という汗腺から汗がたくさん分泌される部分です。

ストレスがかかると、もともとたくさん汗をかく足の裏から、さらにたくさんの汗が分泌されてしまいます。
これは、ストレスがかかると、汗をかきやすくなるからです。
汗は体温を調節するためにかくものですが、精神性発汗と言って、ストレスによって体温調節という役割以上に汗をかいてしまうことがあります。

足の裏にあるエクリン腺から分泌される汗は、ほとんど臭わない汗です。
しかし、臭わない汗でも、そこに雑菌が繁殖すると臭ってしまいます。

ストレスによって発汗量が増えたところに雑菌が繁殖すれば、汗は臭いを発することになります。
ストレスがかかり、汗をたくさんかいたところに雑菌が繁殖すると、足が臭ってしまうことがあるということです。

ストレスとは?

では、ストレスとは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。
ストレスを簡単に説明すると、押すとへこむボールのようなものです。

「ボールをへこませる力=体に外から加えられる刺激」「ボールのへこみ=外から加えられた刺激によって起こる反応」と考えられます。
ようするに、「加えられる刺激」や「刺激によって起こる反応」がストレスなのです。

健康な状態なら、ストレスがかかっても、へこんだボールが元に戻るように、人の体も元に戻ることが出来ます。
ところが、ストレスを強く感じたり、ストレスがかかった状態が長引くと、健康な状態になかなか戻ることが出来なくなってしまいます。

ストレスを解消しよう

ストレスが原因で足が臭っている場合、「ストレスを溜めないこと」「ストレスを解消すること」が大切です。
リラックスできる時間を作り、ストレスを溜めない生活を心がけてください。

そして、ストレスが溜まったら、溜まったストレスを解消しましょう。
足のにおいも気にしすぎるとストレスになりますから、臭いを気にしすぎたり、悩みすぎたりしないようにしてください。