あなたの足は、清潔ですか?

足は、不潔にしていると臭うことがあります。
これは、雑菌が臭いの原因になるからです。

足の裏というのは、汗をたくさんかく場所です。
このたくさんかいた汗に雑菌が混じると、嫌な臭いを発するようになります。
これが足のにおいの正体です。

足を清潔にして足のにおいを予防する方法

ですから、足を不潔にしていて雑菌が繁殖すると、足が臭いやすくなってしまいます。
もし、足のにおいが気になっているのなら、足を清潔にすることが臭い予防になります。

爪の間をチェック

足の中でも、汚れが溜まりやすい場所が爪の間です。

あなたの爪の間には、汚れが溜まっていませんか?

黒や黄色っぽいものが爪の間に溜まっているなら、それは汚れです。
こうした汚れが溜まっていると、足のにおいの原因になります。

爪の間は、汚れが溜まらないように、お風呂に入った際に石けんで綺麗に洗うようにしてください。
石けんで洗ったあとは、泡を綺麗に洗い流して、すすぎ残しがないようにします。

また、爪を伸ばしていると汚れが溜まりやすいので、
足のにおいが気になるという人は、爪を短く切っておくようにしましょう。

角質をチェック

角質は、雑菌の餌になるものです。
ですから、余分な角質を落とすことで、雑菌が原因の臭いを抑えることが出来ます。

入浴時は、爪の間を綺麗に洗うだけでなく、余分な角質を落とすようにしてください。
角質がふやけて柔らかくなる入浴時は、余分な角質を落とすチャンスです。

角質を落とす際は、ふやけて柔らかくなった足に角質軟化剤を塗ります。
そして、フットブラシで角質を落としましょう。
角質を落とした後は、石けんで綺麗に角質を洗い流してください。

重曹と酢で雑菌の繁殖を抑える

重曹と酢を使って、足の雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。
これは、重曹と酢に雑菌の繁殖を抑える作用があるからです。

では、どのように重曹と酢を使えば良いのでしょうか?
使い方は、足を清潔に出来る入浴時に、重曹や酢をお湯に入れるだけです。

重曹の場合なら、浴槽に張ったお湯に、重曹を軽くひとつかみ入れてください。
よくかき混ぜて溶かしてからお湯につかれば、足のにおいを抑えることができます。

酢の場合は、浴槽に張ったお湯にコップ1杯程度の酢を入れてください。
黒酢の場合なら、おちょこ1杯分で効果があります。

酢を入れたお湯につかると、クエン酸の働きによって雑菌の繁殖が抑えられるので、
足のにおい予防に役立ちます。

時間がないという場合には、重曹を入れたお湯や、酢を入れたお湯で足湯をしてみてください。
足湯も、足のにおい予防に効果的です。