仕事の帰りに同僚や友人と飲みに行き、入ったお店が思いもかけず靴を抜いで上がるお店の場合、一日履いていた靴を抜ぐときは周囲の人が嫌な顔をしないかなど気になりますよね。。

靴を脱がなければならないと知ったときの衝撃と動揺。
心底困った!という体験をしたこと、あなたはありませんか?

一日履いていた靴を抜いだ瞬間、ぷ~んと臭う足には、思わず顔をしかめたくなりますよね。

最近はスメハラという言葉もすっかり定着して、足が臭い人はますます肩身が狭くなる一方だと思います。

そんなときに慌てないために、日頃から即効で足の臭いをごまかすための準備をしておくと、靴を脱ぐお店でも焦らずにすみますよ。

そこで、本日はそんな緊急の時にすぐに足の臭い対策が出来る方法をご紹介します。

すぐに出来る足の臭い対策

お店などでもすぐに出来る臭い対策方法

簡単に手順を説明すると下記のような感じです。

1.靴下やストッキングを脱ぎます
2.足を除菌ティッシュで念入りに拭く
3.足を乾燥させる
4.足用の消臭スプレーを吹きかける
5.靴下やストッキングを新しいものに交換
6.靴の中も除菌ティッシュで拭いて、消臭スプレーを吹きかける

それでは、詳しくみていきます。

お店に入ったら靴を脱ぐ前に、まずはさり気なくお手洗いに行って個室に入って、靴下やストッキングを脱ぎます。

そして足を除菌ティッシュで念入りに拭きます。

臭いがつきやすい足の指の間もしっかり拭いて下さいね。

それがすんだら、足を振ったり息をかけたりして急いで足を乾燥させ、足用の消臭スプレーを吹きかけます。

このときも指の間や土踏まずなど、全体にスプレーして下さい。

そして靴下やストッキングを新しいものに変えます。

これで取りあえずの足の臭いは消えるか、すっかり消えなかったとしてもかなり弱くなるでしょう。

でもここで安心して気を抜いてはいけません。

臭いがこもった靴をそのまま履いてはまた臭いが出てしまいますので靴にも応急処置をします。

靴の中も除菌ティッシュでササっと拭いて、消臭スプレーを吹きかけて下さい。

一時的ではありますが、少しは匂いが取れると思います。

こうした対策を取るためには、日頃から通勤.通学カバンの中に

・除菌ティッシュ
・足用スプレー
・替えの菌ピタ君やストッキング

を携帯しておくのは欠かさないようにして下さい。

また携帯用の足拭きシートも市販されていますので、そうしたものを利用するのもおすすめです。

もしそんなことをしている暇はないという場面でも、取りあえず靴下の上からフットスプレーをかけるだけでもしておくと、少しは効果があります。

もちろん、朝のお出かけ前にしっかり臭い対策をしておくことは基本中の基本ですから、時間がないからとスプレーもせずに前日と同じ靴を履いて出かけるようなことは止めて下さいね。

足の蒸れを防ぐ、通気性の良い靴下を利用するのもおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?

日頃からしっかりと足の匂い対策をして、急に靴を脱がなければならないシーンでも、落ち着いて対応できるように準備しておいて下さいね。

あなたの足の臭い対策の参考にして頂けると嬉しいです。