足の臭いは、多くの人の悩みの種で、自分の足の臭いに悩んでいる人は、男女問わずたくさんいます。

このたくさんの人を悩ませてる足の臭いは、一体なにが原因なのでしょうか。

足が臭う主な原因は、エクリン腺から分泌される汗です。

しかし、エクリン腺から分泌された汗は、それだけでは臭いません。

臭いのしない汗が臭ってしまう理由は、雑菌です。汗に雑菌が繁殖することで、強い臭いが発生します。

さらに靴や靴下も、臭いに関わっています。

足は靴や靴下を履いていることが多い場所ですから、汗をかいても、すぐに汗を拭き取ることは出来ません。

その結果、靴や靴下にも雑菌が繁殖して、臭いが発生してしまうのです。

では、汗、雑菌、靴、靴下だけが足の臭いの原因なのでしょうか?

実は、足の臭いの原因はこれだけではありません。

足の臭いと病気の関係

病気が原因で、足が臭っていることもあります。

病気が原因で足が臭うこともあるのはご存じですか?

どんな対策や工夫をしても軽くならない足の臭いは、もしかしたらそんな病気のせいかもしれませんよ。

足が臭う病気・その1〜多汗症

多汗症は通常の体温調整のために出る汗の限度を超えて、大量の汗をかいてしまう病気です。

何もしていないときでも、手のひらや足の裏、ワキの下など特定の場所に汗をかきすぎる場合は、多汗症の疑いがあります。

とくに健康上の問題があるわけではありませんが、日常生活では何かとストレスを抱えることになります。

そのひとつが足の臭いで、靴下や靴の中が大量の汗で湿って蒸れてしまうために、雑菌が繁殖しやすく臭くなってしまいます。

足の裏だけに大量の汗をかく症状を「足蹠多汗症(そくしょたかんしょう)」といいます。

足の臭いが気になることで、よけいに汗がひどくなるという悪循環にもなりやすいので、気になる人は一度皮膚科を受診してみてはいかがでしょう。

皮膚科では外用薬として塩化アルミニウムを塗ったり、弱い電流を流して汗腺の穴を小さくするイオントフォレーシス、ボトックス注射などの治療を受けることができます。

皮膚科の医師に相談してみることをおすすめします。

足が臭う病気・その2〜水虫

足が臭う病気には、水虫があります。
水虫には、臭いがする病気というイメージがあまりないかもしれません。

しかし、水虫の中には、臭いがする水虫もあります。

水虫、特に趾間型水虫は悪化してグジュグジュになると、強烈な臭いを発します。

足が臭いと「水虫じゃないの?」と言われてしまうくらい、水虫と足の臭いのイメージは結びついていますよね。

ところが水虫の原因菌である白癬菌は、全くの無臭なのだそうです。

ではなぜ水虫の人の足は強烈に臭いのかと言うと、白癬菌ではなく、他の雑菌がたくさんいるからです。

白癬菌によって皮膚が荒らされて抵抗力が落ち、そこに雑菌が繁殖します。

水虫が先か、臭いが先かというのはその人によると思いますが、水虫になりやすい環境と足が臭くなる環境は同じ高温多湿の場所です。

足の臭いが気になり、もしかして水虫かな?と思ったら、すぐに治療を始めて下さい。

趾間型の指の間にできる水虫も怖いですが、かかとなどが固く分厚くなる角質増殖型は、かゆみなどの自覚症状がないためよけいに厄介です。

放っておくと白癬菌が角質の奥に潜んで繁殖を続けるので、水虫も臭いの元となる雑菌も増え放題になります。

家族のいる方は他の家族への感染の心配もありますので、早く検査を受けましょう。

足が臭う病気・その3〜糖尿病

足の臭いの原因になる水虫ですが、水虫にはある病気が潜んでいることがあります。
どのような病気かというと、糖尿病です。

糖尿病で足が臭うというのは意外な気もすると思いますが、いくつかの原因や症状が重なると、足からも臭いを発することがわかっています。

糖尿病になると糖の代謝が悪くなり、エネルギーとして脂肪が活用されるのですが、このときにケトン体という物質が作られます。

このケトン体が独特な臭いを発して、体臭や口臭がしたり、尿の臭いが臭くなったりするのですが、同じように足からも臭いがするようになります。

また免疫力が下がってしまうために、水虫などの感染症にかかりやすくなります。

抗菌力も落ち、雑菌も繁殖してしまいます。

雑菌が増えれば、それだけ足の臭いがキツくなります。

そればかりではなく、糖尿病を患うと血液がドロドロになり、血流が悪くなります。

そのため新陳代謝が悪く、角質が溜まりやすい足になってしまうのです。

これは古い角質をエサにして繁殖する雑菌にとって、住み心地の良い環境です。

糖尿病だけでなく、他の内臓疾患でも足の臭いがキツくなることがありますので、気になる場合は診察を受けてみて下さい。

まとめ

足の臭いの裏に病気が潜んでいるとしたら、とても怖いことですね。

体の不調やストレスなど、直接関係がないように思えることでも、足が臭い原因になっていることがありますので、注意して下さい。

足の臭いがきっかけで、病気を発見出来ることもあります。
臭いが気になる場合は放置せずに、医師に相談することも大切です。